媒体選びではなく広告代理店選びが重要な理由

独自のメニューを持っているかどうか

広告代理店は大手から中小まで取り扱いジャンルも多く、企業自体も増えております。宣伝したい商品やサービスにマッチした広告を選択する時に取り扱いジャンルで代理店を選ぶ事になりますがそれでもまだ企業数は非常に多いです。絞り込んでより効果の期待できる媒体への出稿を行う為の代理店選びのポイントは「オリジナル」を持っているかです。独占で扱っている広告ももちろんありますが、色々な企業が扱っている案件を他とは違う出稿ができる事が大きなポイントになります。

媒体主の広告を販売するだけの代理店は選ばない

基本も基本ですが販売するのみの代理店によくあるのが「価格での提案」です。○○円に安くするからや、期間限定でとかいう話には注意が必要です。多くは代理店側が売らねばならないものを「効果が出る可能性が低い」とわかっていながら提案しているパターンです。ですがもちろんそうではなく優良なメニューもありますので展開したい商材とのマッチングについて検証することが必要です。単純に安いだけや大きな風呂敷を広げた提案に騙されずに慎重に検討しましょう。

最高の結果を出すために

出稿の際に代理店が「素材を受け取るだけ」の担当がいることがあります。代理店の担当であれば例え新人でも社内には情報やノウハウが蓄積されてますし、社歴の浅い企業でも同業界の情報はある程度は入ってきてますので自らが用意した素材が出稿媒体にマッチしているか、商品販売であれば出稿後に起こりうる事態を想定して出稿商品以外の商品・サービス準備は完璧かを実績を基に提案・相談できる代理店を選ばないと大切な予算を捨ててしまうような出稿になりかねません。

代理店の募集では、手厚いサポート体制によって初めてでも安定した経営を目指すことができ、店舗オーナーの夢を実現できます。

Comments are closed.