自営業者が意外と理解していないこと!始める方法

まずは登録をすること

自営業者は色々と登録をしないといけないことがあります。その一つが、税務署に起業したことを申告する行為です。これは青色申告ができるようになります。別に法的にやらないといけないわけではないですが、青色申告をする為には必須になります。但し、これは複式簿記で帳簿をつける必要がありますから、簿記の知識は必要になります。それは覚悟するべきですし、自営業者は最低限、知っておくべき知識です。自営業を始める前に簿記の勉強をするとよいです。

会計ソフトを使うことが

自営業者の帳簿付け、と言うのが非常に面倒な行為であるわけですが、最近ではとても楽になっています。具体的にいいますと会計ソフトがあるからです。複式簿記で帳簿をつけることができるコンピュータソフトがありますから、慣れれば簡単にできます。自営業者であろうとなんであろうと商売をしているのであれば、帳簿は必須です。これは税金関係の申告に使うわけでもありますが、経営の状態を把握できる、という側面も強くあります。

法務局に登録をするべきか

正式に会社組織にするには、法務局に登記をする必要がありますが、実は自営業者はそこまでやっていない場合も多いです。税金さえしっかりと申告していれば、会社としての組織を作っておく必要性はないです。また、これには結構な費用になりますから、どうするべきかは非常によく考えるべきです。しかし、登録をしておけば、しっかりとした会社として認められますので、取引先に対して、多少の信用に繋がることはあります。但し、極端に高い信用とはならないです。

フランチャイズというのは自分が作った商号や商標を使用する権利のことです。これを使うためはにロイヤリティーを支払う必要があります。

Comments are closed.