こうやって詰まる!トイレ詰まりの主因3選

原因1:想定外のものを流す

日常生活で遭遇するトラブルの一つが「トイレ詰まり」です。その原因で最も多いのが、大量のトイレットペーパーや流してはいけないとされる異物を流してしまうというものです。よく勘違いされますが、こうしたものが排水管に詰まってしまうため水が流れなくなるのではなく、こうした詰まりで水の流れが悪くなる一方で、水流が詰まりに圧力をかけて強固な塊にしてしまうことがその原因です。従ってこうした原因でトイレが詰まってしまう場合は、その圧力を軽減するような方法が求められます。

原因2:トイレを流す水流が不足している

トイレの便器に貯まる汚物やトイレットペーパーを下水道に流すためには、せきと呼ばれる部分を越えて勢いよく排水管へ流しだすための水圧と水流が必要になります。そのためには、構造上要求される水流をトイレに流す必要があります。この点をよく把握しておらず、トイレに流す水がもったいないとしてタンクに水を入れたペットボトルを浸して水流を制限するようにしておくと、トイレを流す水流が足らずに頻繁にトイレを詰まらせてしまいます。想定されている水流を確保するように心がけておきましょう。

原因3:どこかで水漏れが起こっている

タンクにペットボトルなど入れていないのにトイレの水流が足りず、結果トイレが詰まってしまうという場合も稀にではありますが見られます。これはトイレに水を供給する注水管のどこかで水漏れが起こっていて、トイレの水が足りなくなっていると考えられます。タンクとパイプを繋ぐパッキンの磨耗程度であれば個人で補修することも可能ですが、床下や壁面内のパイプの破損などであれば修理業者に頼るしかありません。どこから水が漏れているのか簡単に当たりをつけてから、業者を呼ぶようにしましょう。

水道修理はパーツ交換で行える場合がありますし、水回りの業者に依頼しても修理してもらえる場合があります。

Comments are closed.