トイレ詰まりは深刻な問題!対処できる術を見につけましょう!

流してはいけないものを流さない

トイレのつまりというのは、即ちトイレの使用を不可能とする出来事なので非常に深刻です。業者を呼ぶのが確実ですが、時間もお金もかかりますので自分で解決または応急処置するというのがベストです。トイレのつまりは、基本的に流してはいけないものを流してしまうことにより発生します。生理用品やおむつなどを捨てるのが面倒だからと言って流したり、水に溶けないボックスティッシュを流したりするのはNGです。ティッシュはティッシュでもトイレットペーパーは水に溶けるようにできているのです。

つまりを解消するには

つまった場合の処置として一番最初に思いつくのは学校にもあったスッポンです。空気を送り込んだり吸い込んだりすることで異物を動かしていきます。ブラシ類で直接異物にアプローチしたり、高圧洗浄機で吹き飛ばす方法もあります。なかなか高圧洗浄機を常備している家庭は少ないと思われますが、勢いよく出る水は強力です。業者を呼ぶ場合は、これらの考えられる措置をすべて試してからにした方が良いです。スッポン程度のものであれば常備しておきたいところですね。

つまりを予防するには

トイレのつまりを予防するには、やはり水に溶けないものを流さないということです。例えボックスティッシュ一枚でも溶けないものは溶けないのです。また、中にはトイレに流せるお掃除シートなどもありますが、過信してはいけません。基本的に流れますが、大量に流してしまうとつまる危険性があるのです。携帯電話などのあからさまな異物を落としてしまった時は、故障が確定しても確実に取りましょう。いかがでしたか?トイレのつまりが起こる原因はほぼ不注意によるものなので、気をつけたいですね。

家庭でのトイレ詰まりは異物の混入の他に排水量の減少が挙げられます。市販の節水グッズを乱用することで必要な量の排水に満たなくなることから、トイレの状態を考慮して慎重に使用することが詰まり予防の心得です。

Comments are closed.