引越日に向け効率的に荷造りする3つのポイント

効率的な荷造りの為の開始時期

引越し前には、各種住所変更等の手続や引越業者の手配など当日までに済まして置くべきことが多くある中で、特に荷造りを自分で行う場合は細々した物から大型家具・家電に至るまで様々な家財道具があり、かなりの手間と時間が掛るものです。そこで、今回は、この面倒な引越の荷造りを効率的に行うポイントを紹介します。まず、効率的な荷造りにはその開始時期がポイントで、引越日から逆算して計画的に取り掛かることが大切です。そして、具体的な時期については、引越しが決まったできるだけ早い段階から始めるに越したことはありませんが、仕事や学校等それぞれの事情もある為、少なくとも2週間位前には開始すると良いと一般的に言われています。

効率的に片付けるには事前準備がポイント

荷造りを始めるに際しては、その片付けるプロセスも重要であり、これを効率化する為には事前準備がポイントとなります。具体的には、大小サイズの異なる段ボールを幾つか用意して、これに衣類やキッチン周りなどマジックでラベリングをし、片付け先を決めてから行うと良いしょう。また、こうすることで引越先で荷を解く際に何がどこに入っているのか分かり易くもします。そして、大きい箱には雑貨等の細々した物や衣類など沢山詰め込んでも重くならない物を入れると運び易くなります。

効率的な荷造りの順番と置き場所

ラベリングした段ボールを用意した後には、実際に荷物を詰めて行きますが、効率的に行うにはその順番も大切なポイントです。これには、現在季節的に着ない服など使用していないもの又はしばらく使用する予定のないものから箱に詰めて行き、引越日が近づくに連れ、必要最小限にして行くと良いでしょう。また、荷造りする際には、掃除を合わせて行うと引越し間際に慌ててする負担が少なくなります。そして、詰め込みが終わった段ボールは、最後の掃除や搬出時を考え、玄関近くの廊下脇など邪魔にならない場所に置くと良いです。

不用品の回収とはいらなくなったものを無償又は有償で引き取ることです。不用品の状態によっては買取してくれる場合もあります。

Comments are closed.